詐欺

兵庫神戸で刑事事件に強い弁護士をお探しの方、無料相談をご希望の方へ。

このページでは、「詐欺事件の基礎知識」「振り込め詐欺の弁護」「投資詐欺の弁護」「詐欺事件を有利に進めるポイント」など、詐欺事件のよくある相談を読むことができます。

詐欺罪とは?詐欺事件の基礎知識

よく「詐欺だ!」って聞くけど、どういうのが詐欺罪になるんですか?

人を欺いて、財物などをその人から得たりすれば詐欺罪になります。

詐欺罪とは?

詐欺罪とは、相手がお金や物といった財物を交付したくなる意思を起こさせる詐欺行為を行い、相手を騙して財物を交付させる犯罪のことです。

詐欺罪構成要件は?

詐欺罪が成立するためには、構成要件といういくつかの要素が必要です。その要素を簡単にいうと、①相手を騙そうとすること、②相手が騙されること、③騙されたことによってお金や物を渡すこと、④詐欺する意思(故意)があることとされています。

詐欺事件の刑期はどれくらい?

詐欺事件の刑期は、刑法で10年以下の懲役と定められています。詐欺事件で有罪となった場合、事件の計画性や被害金額・示談の有無などを考慮して1カ月から10年の間で懲役刑が言い渡されます。詐欺罪には罰金はありません。

詐欺罪時効

詐欺罪の公訴時効は詐欺事件があった日から7年です。7年を過ぎると、詐欺事件で裁判にかけられることはなくなります。

(まとめ表)

詐欺罪とは

他人からお金をだまし取る犯罪

構成要件

①相手を騙す

②相手が騙される

③金銭などが交付される

④故意

刑期

1ヵ月~10年以下の懲役

時効

7年

詐欺事件で逮捕されたら?

詐欺罪で逮捕されたらどうなりますか?

逮捕された場合には、警察で取り調べを受けた後、検察に送致され、検察官が勾留請求するかどうかの判断をします。この間、最大72時間の拘束を受けます。勾留決定が出た場合はそこからさらに最大で20日間の拘束を受けることとなります。

詐欺逮捕された場合の流れは?

詐欺で逮捕されると、最長3日間拘束されます。その後、更に拘束する必要があると判断されると勾留され、最長20日間拘束されます。このとき、弁護士が捜査機関に働きかけることによって拘束期間が短くなることがあります

逮捕・勾留が終わると、詐欺について裁判にする場合は起訴、しない場合は不起訴になります。起訴されると、そこから裁判手続が進んでいきます。

詐欺逮捕されたら懲役になる?

詐欺罪には罰金での処罰はありません。そのため、詐欺で逮捕された場合、裁判をしない不起訴になるか裁判で執行猶予をとるかしない限り、懲役刑を受けることになります。

詐欺での逮捕事例は?(ヤフオク ロト6 チケット パチンコ

詐欺事件の場合、逮捕される事例はしばしばみられます。たとえば、ヤフオクでお金だけ受け取って商品を送らなかった事例、チケット販売名目でお金を集めたが実際にはチケットを届けなかった事例、パチンコ攻略方法を教えるといって金を集めて攻略できない方法を教えた事例など、詐欺には数多くの類型があります。

詐欺事件は自首すべき?

捜査機関に詐欺事件が発覚する前に自首すれば、その刑は減軽されることがあります。しかし、減刑される程度は大きいとは言い難いですし、自首するとほぼ確実に詐欺事件で捜査を受けます。警察に事件を知られた結果、逮捕されることもあります。これらの事情を考慮したうえで、自首するかどうかは本人次第というところです。 

何か事態が動いた時にいつでも対応できるように、弁護士に依頼しておくという方法もあります。

(まとめ表)

逮捕後の流れ

逮捕(最長3日間)→勾留(最長10日間)→勾留延長(最長10日間)→起訴・不起訴

懲役がつくのか

有罪の場合は懲役刑

ただし、執行猶予がつく場合も

自首

・メリット

刑が軽くなることもある

・デメリット

警察に事件が見つかる、逮捕されることもある

振り込め詐欺事件の弁護活動

振り込め詐欺で警察からの取調べを受けそうな場合には、どうすればいいでしょうか?

まずはすぐに相談できる弁護士を用意することでしょう。

捜査機関に対する対応や、今後の対応について適切なアドバイスを受けて取調べを乗り切ることが大事です。

振り込め詐欺とは?

振り込め詐欺とは、被害者の家族などがお金が必要になったなどと騙し、お金を要求して騙し取ろうとする詐欺です。組織的に行われ、被害者が多数いることが多いため、捜査や裁判が長期間に渡り、裁判では重い刑が言い渡されることが多いです。オレオレ詐欺や架空請求詐欺、還付金詐欺などを総称して振り込め詐欺と呼んでいます。最近では警察が「母さん助けて詐欺」と命名したようですが、それほど浸透していません。

振り込め詐欺逮捕されたら?

逮捕されたらまず最長3日間拘束され警察などでの取り調べが行われます。その後更に拘束が必要と判断されると、勾留請求、勾留決定が行われて勾留され、そこからさらに最大で20日間の拘束を受けることとなります。被害者が複数いる場合、この逮捕・勾留が繰り返されることがあります。その結果、身体拘束期間が長引くこともあります。

証拠が揃うと起訴され裁判になります。有罪になると実刑になることもあります。初犯で組織との関与が薄い場合、示談をすることで執行猶予を狙うこともできます。

振り込め詐欺懲役実刑)になる?

振り込め詐欺は、裁判で有罪になると懲役刑の判決を受けることになります。振り込め詐欺での役割によっては、執行猶予のつかない実刑判決となることもあります。

しかし、振り込め詐欺における役割が重要でなかったり、被害者に被害弁償して示談できていたりすると執行猶予が付き実刑とならないときもあります。

振り込め詐欺元締め受け子出し子の責任は?

振り込め詐欺の元締めや受け子には詐欺罪が成立します。詐欺罪の法定刑は1ヵ月以上10年以下の懲役です。ただ実際には、元締めには長期間の懲役の実刑が言い渡されることが多く、受け子であっても数年間の懲役の実刑が言い渡されることが多いです。受け子の場合、初犯で組織との関わりが少ない場合、被害者と示談をすることで執行猶予を狙える場合があります。

出し子の場合には、窃盗罪が成立し、刑罰は1ヵ月以上10年以下の懲役か50万円以下の罰金と定められています。実際には、数年間の懲役の実刑が言い渡される場合が多く、初犯で組織との関わりが少ない場合、被害者と示談をすることで執行猶予を狙える場合があります。

振り込め詐欺事件で警察から電話があったら?

振り込め詐欺事件で警察から電話があり出頭をもとめられても、出頭するかどうかは自由ですから、求めに応じて行くかどうかはあなた次第です。

ただ、警察から電話があるということは、警察がある程度の証拠を集めている場合が多いですから、求めに応じなかったとしても逮捕される可能性があります。

振り込め詐欺事件で執行猶予になるには?

振り込め詐欺事件の場合には、裁判で有罪になると執行猶予が付かず実刑になることが多いです。初犯で振り込め詐欺組織との関係が薄い場合、被害者と示談をすることで執行猶予を目指すことができます

振り込め詐欺事件を弁護士相談するメリット

弁護士に相談すると、振り込め詐欺事件の今後の流れについてのアドバイスを受けることができるため、①今後の見通しが分かります。また、②警察での取調べに対する対策方法も分かります。

また、弁護士に依頼すれば、弁護士が示談交渉、捜査機関への対応、裁判対応などをすることができます。弁護士に依頼することで、これらについて活動することができます。もし捕まっていれば③早期釈放に向けた活動ができますし、④被害者と示談するなど刑を軽くするための活動もできます。

振り込め詐欺事件では、刑事事件が終了した後で被害金の返還を求められることもありますが、刑事事件で示談をしておくことで、民事的解決も図れます。

(まとめ表)

振り込め詐欺とは

銀行口座等に現金を振り込ませてお金をだまし取る手法の詐欺

逮捕後の流れ

逮捕(最長3日間)→勾留(最長10日間)→勾留延長(最長10日間)→起訴・不起訴

実刑になるか

実刑になることもある

元締め、受け子、出し子の責任

・元締め

実刑になる可能性が高い

・受け子

執行猶予の可能性あり

・出し子

執行猶予の可能性あり

執行猶予

初犯、重要性低い、被害弁償できている→執行猶予の可能性も

弁護士に相談・依頼するメリット

①今後の見通しが分かる

②取調べの対応が分かる

③早期釈放の活動ができる

④被害者と示談交渉ができる

⑤刑が軽くなる活動ができる

投資詐欺事件の弁護活動

投資詐欺で警察から疑われてしまった場合は、どうしたらいいのでしょうか?

逮捕される場合に備えて、まずはすぐに相談できる弁護士を用意することでしょう。

捜査機関に対する対応や、今後の対応について適切なアドバイスをもらえるよ。

投資詐欺とは?

投資に関する詐欺のことです。実際には価値のない架空の未公開株を、価値があるものだと言って騙して高額で買わせるなどが典型例です。

投資詐欺の種類は?(マンション 金 FX 風力発電

投資詐欺には色々な種類があります。とあるマンションを値上がり確実だといって騙して買わせる方法や、金相場を読めないのに金の値上がりが確実だといって騙して買わせる方法、FXで根拠がないのに必ず儲かるといって騙して買わせる方法、風力発電に投資すれば儲かるといって騙して投資させる方法などがその典型です。また、未公開株を今後価値が上がると騙して購入させる詐欺も古くからある投資詐欺の1つです。

投資詐欺逮捕されたら?

逮捕されたらまず警察での取り調べが行われます。その後、検察官・裁判官が捕まえ続ける必要があると判断すると勾留され、そこからさらに最大で20日間の拘束を受けることとなります。

証拠が集まると起訴され、裁判にかけられます。投資詐欺の裁判で有罪になると、実刑になることが多いです。初犯で投資詐欺組織との関わりが薄い場合は、被害者と示談をすることで執行猶予を目指すことができます。

投資詐欺警察に呼び出されたら?

指定された日時に警察に行き、取調べを受けることとなります。あくまで呼び出しは任意ですから断ることも出来ます。ただし、投資詐欺で警察に呼び出された段階である程度の証拠が集められていることが多いですから、断っても逮捕されることがあります。

投資詐欺事件を弁護士に相談するメリット

投資詐欺事件を弁護士に相談すると、投資詐欺事件の今後の流れについてのアドバイスを受けることができるため、①今後の見通しが分かります。また、②警察での取調べに対する対策方法も分かります。

また、弁護士に依頼すれば、弁護士が示談交渉、捜査機関への対応、裁判対応などをすることができます。弁護士に依頼することで、これらについて早期に活動することができます。もし捕まっていれば③早期釈放に向けた活動ができますし、④被害者と示談するなど刑を軽くするための活動もできます。

投資詐欺事件では、刑事事件が終了した後で被害金の返還を求められることもありますが、刑事事件で示談をしておくことで、民事的解決も図れます。

(まとめ表)

投資詐欺とは

投資に関する詐欺

逮捕されたら

逮捕(最長3日間)→勾留(最長10日間)→勾留延長(最長10日間)→起訴・不起訴

弁護士に相談・依頼するメリット

①今後の見通しが分かる

②取調べの対応が分かる

③早期釈放の活動ができる

④被害者と示談交渉ができる

⑤刑が軽くなる活動ができる

詐欺事件を有利に進めるポイント

詐欺事件で捜査対象になっている場合は、どうすればいいんでしょうか?

詐欺に関与してしまったのなら、被害者と示談ができないか検討することになります。また、捜査に協力するなど反省していることをアピールすることも大事になってきます。

詐欺事件で実刑を避けるには?

単純で被害金額が低い詐欺事件の場合、被害者との示談を成立させれば、裁判にならず不起訴になったり、裁判で有罪になっても実刑判決を回避できたりすることが多いです。

振り込め詐欺などの複雑な事件の場合、実刑になることが多いですが、初犯で組織との関係が薄い場合、被害者と示談をすることで実刑を回避できることがあります。

詐欺事件を罰金で済ますには?

詐欺罪は、罰金刑が定められていないため、罰金で済ませることはできません。

ちなみに、振り込め詐欺の出し子の場合は窃盗罪になりますので、罰金刑も法定刑にあります。しかし、実際に罰金刑で済むことはほとんどなく難しいと言えるでしょう。

詐欺事件で執行猶予を得るには?

単純な詐欺事件であれば、被害者との示談を成立させれば実刑判決を避け、執行猶予を得られる可能性が高まります。

これに対し、振り込め詐欺や投資詐欺のような組織的な詐欺事件は、執行猶予が得られず実刑になることが多いです。組織的な詐欺事件でも、初犯で組織内での役割が末端で、被害者との示談を成立させれば実刑判決を避け、執行猶予を得られることもあります。

詐欺罪の初犯はどうなる?

詐欺罪の場合には、初犯であっても態様次第では実刑の可能性があります。単純な詐欺事件の場合、初犯であれば執行猶予を狙えます。組織的な詐欺事件の場合、初犯であっても実刑になることがあります。初犯で組織内での役割が末端にすぎない場合に、被害者と示談をすることで執行猶予を狙うことができます。

詐欺事件で不起訴になるには?

詐欺事件の場合、証拠が十分で有罪判決を得られると検察官が判断すれば起訴されることがほとんどです。

そのため、事件の証拠が不足している、単純な事件で被害者と示談が成立しているなどの事情がある場合は、不起訴になることがあります。

なお、組織的な詐欺事件の場合、被害者多数で被害総額も巨額となり被害者と示談が成立していても不起訴にならないことが多いです。

詐欺事件での示談の位置づけは?

不起訴になることや執行猶予がつくことがあります。組織的な詐欺事件でも、初犯で組織との関係が薄い場合は、示談が成立することで執行猶予を狙うことができます。

このように詐欺事件で被害者と示談ができているかどうかは刑の重さを決める重要な事情となっています。

詐欺事件を弁護士に依頼するメリットは?

詐欺事件を弁護士に依頼すると、専門家である弁護士から①今後の見通しの説明や②取り調べに対する対応策のアドバイスを受けられます。また、もし捕まっていれば③早期釈放のための活動ができます。

詐欺事件では被害者に被害弁償して示談できているかどうかが重要になってきます。そこで、④被害者との示談交渉を弁護士が代わって行い、⑤刑罰が軽くなるよう活動することができます。

詐欺事件では、刑事事件が終了した後で被害金の返還を求められることもありますが、刑事事件で示談をしておくことで、民事的解決も図れます。

(まとめ表)

詐欺で罰金?

罰金はない

不起訴の獲得

捜査対応や示談をすることで不起訴を狙える場合がある

弁護士に依頼するメリット

①今後の見通しが分かる

②取調べの対応が分かる

③早期釈放の活動ができる

④被害者と示談交渉ができる

⑤刑が軽くなる活動ができる

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよくわからない部分を無料で版越しに相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

刑事事件LINE弁護団のご案内

アトムの「刑事事件LINE弁護団」を友だち登録するメリットをご案内します。面倒な会員登録なし、いつも使っているLINEで友だち登録するだけで、刑事専門弁護士に無料相談できる点が特長です。

刑事事件LINE弁護団のご案内 刑事事件LINE弁護団のご案内
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

電話で弁護士に相談する 0120-631-276 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談